便秘解消は自立神経を整えることも大切に

便秘に悩み、食生活も気をつけているのに便秘が治らないという悩みもよく聞きます。
便秘は食生活だけでなく毎日の生活にも影響されます。胃や腸は副交感神経の働きによって動きます。この副交感神経とはリラックスしている時や睡眠時に働きやすいのです。

現代の日本では忙しいあまりに長時間労働が問題になっているほどです。残業してから帰宅する人が多く、さらにそれが深夜まで及ぶ人もいます。仕事ではスピード感や柔軟性、効率主義、成果主義が求められ、プレッシャーに晒されます。人間関係での悩み事も多いようです。リラックスできる時間も少なく、さらに常にストレスを感じて緊張状態にあると、交感神経が優位に働きます。テレビやパソコン、蛍光灯の光でも交感神経が刺激されてしまいます。これが便秘につながります。

なかなか難しいことではありますが、リラックスできる時間をなるべく作ることが大切です。そして、仕事から離れたプライベートな時間では仕事のことは考えないようにしたいものです。
体を動かすこと、温めることも効果的です。通勤時間に歩く距離を伸ばしたり、散歩をする、ストレッチをする、温かいお風呂に浸かることで体をほぐします。体をほぐすことでリラックスでき、便秘解消につながります。

http://xn--wtqy1b99xsu0a.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です